スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片瀬チヲル「コメコビト」

出典:『群像』2013年4月号
評価:★☆☆☆☆

うーん。前にこの書き手が群像新人賞の優秀賞をとってデビューしたとき、あまりにもな完成度に新人さんにもかかわらずきつい感想を書いてしまったので、今度読むときはもっといいところ取りあげるようにしよう、となるべく温かくむかえる心がまえでいたのですが、今回、受賞後第一作となる短編「コメコビト」を読んでみて、やっぱり厳しい評価してしまわざるをえません。優秀作受賞作品から退化したんじゃないか。

とはいっても、優秀賞受賞作はアマゾンレビューでは評価高いようですから、作品そのものが面白くないというよりは、この書き手の作風が僕と相性悪いだけということなんだろうと思います。ではどこが相性わるいのか。以下、この短編を読みつつ思ったことを書いていきます。

作品には、コメコビトという炊飯器うまれの想像上の生きものが出てきます。米の妖精なんていってしまえばファンタジックになっちゃいますが、描かれ方はもっとリアルで、炊飯器で炊かれたご飯に人間の体がくっついたような頭でっかちな存在。妖精というできあいのことばを避けて、「コメコビト」で一貫しているところにこだわりがかんじられるものの、まず肝心の、こだわりの存在のキャラクターが確定しません。というのは、生まれたばかりで炊飯器の持ち主とおぼしき女性蓉子とであうのですが、初対面で

「あんまり乱暴にするなよ、しないでください」(p.114)

と蓉子にむかって言い放ちます。これが彼が生まれて最初の発言。生まれて初めての発言で、初対面の相手との関係を察知して、「するなよ」という命令口調から「しないでください」というお願い口調にとっさに言いかえるところは、対人関係を即座にとらえ機敏に反応できる賢さが表現されています。お願い口調になったことからわかるように、蓉子を自分より上位に位置するの存在として認識し、

コメコビトは蓉子の子となることにした。(p.114)

と母子関係をむすびます。子供側から親を選択、決定できるなんて設定としておもしろい、と僕には思えるんですがこの母子関係はこの後展開しません。それどころか母子関係が忘れられてしまったかのごとく友達口調で話し出します。

蓉子は、学校へ行く前にかならず、バナナを鞄へしまうと、リンゴを取り出して丸かじりしていく。
「蓉子、アメリカンだね」
「白雪姫っていってよ。コメコビトの発想には糖分が足りてない」
「アメリカのホームドラマで、リンゴ丸かじりにしてるの見たよ」(pp.115-6)

この友達感(笑)。学校行くまえの朝なら、直ぐエネルギーにかわるバナナを食べて鞄のなかで圧力や温度が変化しても変質しないリンゴを鞄にいれておくんじゃないかなとか、「学校へ行く……していく」は重言じゃないかとか、友達みたいな親子関係というのもないことはないかと、次々頭をもたげてくる疑問を強引に飲み込んだとたん次の台詞。

「コメコビト、あなたにも婚約者がいるんだから、いいでしょ」
「コンヤクシャって何。どんな人、なんて人、どうして」(p.116)

初対面の人間との上下関係を即座に察知し、テレビから情報を得ている、それもホームドラマを視聴しているコメコビトが婚約者という単語を理解できないという設定は一貫性にかけます。婚約者という言葉が意味するところは知らなくても、蓉子が家につれてきた婚約者の彰二君(上の台詞で「あなたに『は』」でなく「あなたに『も』」といっているところから彰二君が婚約者だと知れます)という男性が登場すると、コメコビトはあからさまに不快感をあらわします。そもそも婚約者が何を意味するか知らないにもかかわらず、二人の関係に不快感を表明しているのは矛盾じゃないでしょうか。それに、母親が連れて来た婚約者とキスを交わしたことに、真っ向から不快感を表明する台詞(「蓉子、学生のくせに早いよ、まだ早い」(p.116)は子供視点からの発言でしょうか。

「深呼吸しなさい」
「やーー」
「あなたの頭が大きいのは、耳垢のせいなのよ」
「やーー」
「それのせいで、人の声も自分の声も聞けないのよ」
「いーー」(p.118)

上はコメコビトの婚約者といわれるシャモジンルイとコメコビトとの会話。少し手前で、母親である蓉子が婚約者とキスすると「学生なのにまだ早い」といつの時代のおっさんかと思うような古風かつ道学者的忠告を与えていたコメコビトが一転、自分が婚約者に耳かきしてもらうときには上のように幼児退行して、やーー、やら、いーー、やら連発してしまいます。ここにきてコメコビトの性格の一貫性が全く失われてしまいました。あと、婚約者というからには、結婚があるはずですが、コメコビトとシャモジンルイの結婚が最後まで読んでも何を意味するのかはまったく分かりません。タイトルにもなっているコメコビトの存在が場面場面でころころ変わりすぎて安定しないところ、これが大きなマイナスです。

他には不用意な言葉づかい、誤用とよべるものがいくつかみられます。

肘を掻いた時やくしゃみをした時などにその細胞は剝がれおち、誰の目にもとまらない小さなコメ粒になった。(p.113)

「目にもとまらぬ」は、動きのあるものがその素早さゆえにとらえられない、の意味のはずです。辞書ひきましょう。そして忍者ハットリくんのオープニングテーマを100回唱和しましょう。

コメコビトは真っ暗な部屋で手足を丸め、しゅうぱちと肌が粟立つ音を聞いていた。(p.113)

「肌が粟立つ」のは恐怖感の表現です。前後の文脈からコメコビトが恐怖を感じているとは受け取れません。辞書ひきましょう。また、コメなのに「粟」というのも引っ掛かります。さらに、次は誤用ではないですが前後の文意が矛盾しているもの。

その部屋の暖かさと湿度はコメコビトの関節の動きをよくした。彼は腕をあげたり足を曲げたりしたくて仕方なかったが、この狭さでは動けない。(p.113)

「関節の動きをよくした」というのは、どうよくなったのか具体的な描写で書けという初歩的な技術論はこのさいスルーします。で、関節の動きがよくなったにもかかわらず、狭くて腕や足が動かせない、というのは意味不明です。上の三つの文はどれもこの作品の最初のページに現われる表現ですが、僕のこの感想でのべた「今度はあたたかく読もう」という心がまえがいくらあっても、冒頭からこんなずさんな表現を連発されると、やっぱり前作の稚拙な表現のことが思い出され、最後までよんでも結局は前作から成長したところが読みとれずとても残念に思えました。他にも、電子レンジはチンと音がしたり、サナギコレクターという独特の存在の名称を出しておきながら最後の最後で「リス」などと不用意にいってみたり。もう作品を作る姿勢の詰めの甘さがこれでもかこれでもかと目について、やっぱり僕とは相性悪い書き手だなと再認識しました。文学作品ではないですが、ディズニー&ピクサーの映画で「バグズライフ」でも「カーズ」でも「WALL-E」でも「トイストーリー」でも、非人間を擬人化してしかも大人も子供も楽しめる傑作があります。お節介ですが、こういった先行作品を丁寧に参考にしてみたらいかがでしょうか。これらの傑作映画とこの短編を並べて見たとき、後者の魅力は一つもないように僕には思えます。もうこの人の作品は読まないことにしました。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

読む人

Author:読む人
小説の感想を、自分基準で。コメントはご自由にどうぞ。

★☆☆☆☆(面白くない)
~★★★★★(面白い)で評価。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。