スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テア・オブレヒト/藤井光訳「青い海の精霊(ジン)たち」

出典:『新潮』2013年3月号
評価:★★★☆☆

短編を翻訳したもので、作品の最後に原著者プロフィールが掲載されていました。そこをみて『タイガーズ・ワイフ』の人ということにあとから気づき、どうりで見たことある名前だと思い返しました。この作品を読んでみたのは原著者というより訳者の藤井光の訳を別の本(『紙の民』『ロスト・シティ・レディオ』)で読んだことあったから。ちなみに『紙の民』は書き方がいろいろ珍しくてなかなか面白かったけれども『ロスト』のほうは僕にはいまいちでした。

さて本作は、海辺のホテルで暮らす少年がある朝目覚めると、宿泊客のフランス人の姿が見えなくなっており、周囲の大人たちが彼の行方を探す話。視点人物の少年は、わたわたする大人たちのまわりをうろちょろするというばかりで、なにか劇的な話になったりするわけじゃありません。描写の仕方が特徴的で、結構たいへんなことがおこっているにもかかわらず、少年はじめ周辺人物たちの心理描写はほとんどなし、また情緒的な形容詞もかなり排されています。ほとんど事物の描写だけから作品の雰囲気を作りあげていく、透明な文体です。この書き方はどことなくアゴタ・クリストフの『悪童日記』で全編を覆っている、子供の作文の文体につくりがにているなと思いました。といっても、こちらのほうは『悪童日記』ほど無手勝流ではないです。ちゃんと(?)文学っぽいですが。

防波堤を過ぎ、海が氷のように澄んで明るくなるあたりに、何年も前に環礁で大破した船がある。波が打ちつけて、灯台の東側のごつごつした湾曲部にある岩に船を釘付けにしている。錆びついた灰色と緑色の海軍の小型砲艦が横倒しになっている姿は、内臓を抜かれた巨大な魚のようで、滑らかなガラス窓の目は外から割られて暗闇に満ちている。(p.126)

ここ以外の描写でも、無機的で、透明で、死にまつわるモチーフを散りばめることで、作品全体の雰囲気をつくりあげています。こういう文体は、人物感情の説明を直接はしないぶん読み手を選ぶとは思いますが、おせっかいな著者が顔を出していちいち「このときの感情はこう」「このときはこう思った」なんて読者を馬鹿にしたようなサービス精神を発揮しないぶん、読者を信頼しているというか、読者の想像の余地を残してくれているので、一つひとつ説明されるよりもかえって事物を手がかりに何倍も想像力を働かせられて読めます。読後しっかり手応えをのこしてくれました。

書き手のプロフィールをみると1985年うまれということでまだ二十代。これからの良作を期待。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

読む人

Author:読む人
小説の感想を、自分基準で。コメントはご自由にどうぞ。

★☆☆☆☆(面白くない)
~★★★★★(面白い)で評価。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。