スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加賀乙彦「熊」

出典:『新潮』2013年5月号
評価:★★☆☆☆

これを小説というフレームで読んでしまう僕がいけないのか、小説としてよむとどうしてもキレが悪い、批評がない、あった出来事そのとき思ったことをそのまま書きましたよ、という体裁でむず痒さを感じました。小説というより加賀乙彦の暮らしをつづったエッセイといったほうがいいかもしれない。

話は、信濃追分にすむ「私」の家にある日雌熊があらわれ栗の木に登って実を食べていたのを目撃、はじめは怖がっていたものの、熊にくわしいNPO法人関係者に説明を聞くと人に危害を加えるような熊ではないとのこと、また春になれば小熊をつれて現れるともきいて期待に胸を膨らませる。しかし、最期に熊は残飯を漁っているところを射殺されてしまう。それが地方新聞で報じられたと人づてに聞く。

だからなんなんだ、と言いたくなるような話です。特に前半は、軽井沢周辺の植生や動物、野鳥のことがずらずらと書かれてあって、観光パンフレットを読んでいるような手応えのない文章です。たとえば同じく軽井沢を舞台にした近作でいえば松家仁之の『火山のふもとで』では、動植物の描写が読み手の視覚や聴覚、温感にたえず働きかけるような文章がつらねられてあって、読中読後と幸せな気分にひたれたものです。それにくらべるとこの作品の前半は、悪くいえば桝目をただ文字で埋めているだけの文章。

後半も、生活圏内に出没した熊に恐怖を感じつつ、一方で愛着を抱き始めた夫婦がしかし、熊親子の一年をおさめたDVDのうち春から秋にかけてしか視聴せず、秋の残飯あさりをしているところやおそらく射殺のシーンも撮影されているであろう部分を見ないことにした、という部分には、この語り手のエゴしか感じられませんでした。これはなにも僕が勝手に解釈しているわけではなくて、作中で以下の夫婦のやりとりがあるからのことです。

「事実を言っているだけだ。ぼくはねえ、あの熊と友達になれたらいいなと考えている。もし熊語てのがあるなら、うんと勉強して話せるようになり、その生活ぶりや思想を学びたい」
「熊の思想……馬鹿馬鹿しい」妻はからかわれたと思ったのか、怒ってキッチンに入ってしまった。私は本気だったので、妻が怒ったのが残念だった。(p.68)

「熊語を勉強」して「生活ぶりや思想を学」んで「友達になりたい」と一方的に熊に親近感を抱いた語り手「私」が、最期の最期で熊の人間たちに生活スペースを奪われてそれでも生きていかざるを得ない姿(残飯あさり)や、人間の手で射殺される姿からは眼をそむける。本気で友達になりたいと思ったわりには、友達の死に目はあえて見ようとしない。「本気だった」がチャンチャラおかしいです。

これが実はそういう人間のエゴを描いた作品なのだというのであれば驚きですが、そういう説を積極的に肯定するような記述はありません。その場その場で思ったことをただただつづっただけという老人エッセイです。読んでムカムカするだけでした。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

読む人

Author:読む人
小説の感想を、自分基準で。コメントはご自由にどうぞ。

★☆☆☆☆(面白くない)
~★★★★★(面白い)で評価。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。