スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉田篤弘「梯子の上から世界は何度だって生まれ変わる」

出典:『群像』2014年2月号
評価:★★★☆☆

 まずいコーヒーの話なら、いくらでも話していられる。おれのこれまでのところの人生は、あらかたまずいコーヒーと共にあった。おれは基本的に不運なんだと思う。じつにおかしな奴らばかりと出逢ってきた。(p.102)

のっけからハードボイルド!

おれは常に街なかに居ないと落ち着かない。街にはノイズがある。雑音がなければ街じゃない。おれは要するに雑音を愛している。
 もともと、おれは雑音ならぬ雑文を書いていた。ノイズのような文章だ。世間ではコラムと呼ばれていたが、おれは一般的なコラムの様式から外れて、自由に書いた。自動販売機のまずいコーヒーを片手に、月に二十本は書いた。(p.103)

イッツ・ハードボイルド!冒頭の1、2ページを読んだ時点で、カーヴァー(村上春樹経由の)とかチャンドラー(村上春樹経由の)を連想しました。「雑音がなければ街じゃない」からはそのままデューク・エリントンの「スイングしなけりゃ意味がない(It Don't Mean a Thing If It Ain't Got That Swing)」の響きをききとれますし、これも翻って村上春樹の「意味がなければスイングしない」に繋がっていきますね。そういえばまずいコーヒーというのも伝統的なジャズ喫茶名物でした。

このコラムで生計を立てていた男は、自分に投資して「電球交換士」となります。

ただひとりきりの〈電球交換事務局〉を立ち上げ、ただひとりの事務員、だたひとりの作業員として、世界中の──ただし街なかの──この切れて使えなくなった電球を交換してまわる。(p.104)

この、電球が切れれば切れたままにしておけないので誰かが、とりたてて人に知られることがなくとも交換してまわる必要があるという、あたりまえといえばあたりまえといえる作業も、『ダンス・ダンス・ダンス』の「雪かき」の変奏ですね。

こうして村上春樹の痕跡ばかりを読み取っていてもしょうがないんですが、全体としては、大人の童話(エロい意味ではなく)的な印象を持ちました。夜、美術館で電球交換をしていたときに、一人の女と出会います。ここから展開するファンタジーのような流れ、彼女の口から「絵」が出され、その中に閉じ込められたというのは「みんなのうた」のメトロポリタン・ミュージアムですかね。超なつかしー!

 あらわれたのは彼女のかたくとざした口と、その唇のはしからこぼれ出た何やら尻尾のようなもの。その尻尾は何色ともいえず、あらゆる色が水たまりに落ちたガソリンのように流動していた。わずかに発光しているようにも見える。(中略──引用者)
 が、引きずり出されているものの正体が分からなかった。最初はそれこそ手品でも披露しているのかと思ったが、しだいに姿をあらわし始めたそれは、空気に触れるそばから膨らみ出した。みるみる膨張が著しくなって、やがて、とんでもないものが引きずりだされていることに気づいた。
 絵だった。
 より正確に云えば「風景」で、あとになって彼女が使った言葉に倣えば「見知らぬ風景」だった。(pp.107-8)

本作の全体のなかでなにか大事件が起こるわけではないですが、描写のひとつひとつにはどこかざわざわしたノイズ、ここちよい雑音がふくまれていて、それらがゆるやかにつながって一杯のコーヒーを飲んでほっとするような読後感をのこしてくれます。腹いっぱい食べたー!というんではないけれども、ああ美味しかった、という感じの素敵な短編でした。本作は、下北沢のセレクト系書店を徘徊するサブカル女子(マッシュルームボブ、赤のセルフレーム伊達眼鏡)が涎を垂らしてむさぼり読む一作です!

てことで最後のリンクはメトロポリタン・ミュージアムのジャズアレンジ曲を。スイング、スイングです!

【メトロポリタン美術館】(注意:音が出ます!)

作詞作曲は大貫妙子なんですねえ。当時はそんなこと関係なしにテレビで聞いてたなあ。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

読む人

Author:読む人
小説の感想を、自分基準で。コメントはご自由にどうぞ。

★☆☆☆☆(面白くない)
~★★★★★(面白い)で評価。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。