スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説を書く人へ

社畜の宿命で僕はこの4月から激務の部署に移ります。異動にともなうもろもろの雑事におされてブログを続ける時間がとれそうにありません。小説を読む時間は無理してでも取ろうとは思うのですが、今までのように、文芸誌に掲載されているうちの、屑みたいな習作を我慢して最後まで読み通す(そしてその腹いせに罵倒のことばをここにかきつける)なんてこともできそうにありません。反対に、発表されたらすぐ忘れ去られてしまうかもしれない、けれどこの傑作の感想だけは書いておかねばと思わせてくれる小説の感想を残す時間もなさそうです。まして休日に図書館に通うなんてしばらくできそうにありません。

どうせなら社史編集室とか、9時5時勤務で日がな地下室にこもって会社あての封筒を開封する業務(本当にあるのかどうかしらないけど)でもさせてもらえれば悠悠自適に小説を読めるのかもしれないけれどそれはまだまだ僕の年齢では許してくれそうにもない仕事です。体が動くうちは会社のために働くよ!

という事情ですので更新は今後ありません。あるとしてもいつになるかわかりません。ということで最後に、小説を読む人から書く人(あるいは書こうと思っている人)へのメッセージです。


小説を書く人へ。

小説を読む人はたくさんいて、本も一人の人間の限られた一生では読みつくせないほどたくさん出版されています。読む人は貴重な時間のなかで、そのいくらかを小説を読む時間にあてています。限られた時間のなかで、まだ読んだことのない「新しい」小説に出会えることを夢見て小説を読み続けています。砂漠のなかで砂金粒を探すよりは確率が高いかもしれないけれど、それでも僕は文芸誌のみに限っても年100作品以上を読み続けてきてそういう「新しい」と思える作品に出会えたのは、2、3作品にすぎません。文芸誌以外を読んでいる比重のほうが高いもののそれをいれても10作品にいくかどうかです。

小説を書く人へ。

あなたの書く作品は「新しい」小説でしょうか。すでに誰かが書いている作品の、たんなる真似っこになっていませんか?何度もいうけれど、世の中は本であふれかえっています。読む人には選択肢が無限にあります。その無限の選択肢のうちから、何としてでもあなたの作品を開きたいと読者の指にうったえる作品をあなたは書いていますか? その無限の選択肢のうちから、何としてでもあなたの作品の一行を読みたいと読者の眼にうったえる作品をあなたは書いていますか? その無限の選択肢のうちから、何としてでもあなたの作品を暗唱したいと読者の喉にうったえる作品をあなたは書いていますか?その無限の選択肢のうちから、何としてでもあなたの作品の存在を他の読む人にも伝えたいとうったえる作品をあなたは書いていますか?

小説を書く人へ。

あなたの作品のライバルは、『ユリシーズ』であり、『失われた時をもとめて』であり、『ロリータ』であり、『響きと怒り』であり『百年の孤独』であり『カラマーゾフの兄弟』であり『モービ・ディック』であり──ほかにも数え切れぬほどのライバルたちがひしめいています。彼らがすでにどっかり自分の椅子に腰をおろしています。あなはたそのうちの、誰かの椅子に座ろうとしていませんか? 僕が読みたい「新しい」小説は、そういった既存の作家たちが必死に作り上げてきた椅子を、ずるがしこく掠め取ろうとするような小説もどきではありません。そうではなくて、不恰好でもいいから、無様でもいいから、どんなみてくれでもかまわないから、まだ誰も坐ったことない椅子を必死に作り上げようとしている、小説です。『百年の孤独』を水っぽく薄めた小説もどきを読むなら、読む人は『百年の孤独』を再読します。再読すれば読む人にはもうあなたの小説を読む時間も意味もありません。読む人が求めているのは、これまであまた書き継がれてきた小説のなかにあっても、他の作品をもって代えがたい、あなたの作品にだけしか占められない席を確保した(確保しようとあがいている)小説です。既存の作品の粗悪な模造品を読む余裕はありません。

小説を書く人へ。

あなたの作品のライバルは、小説に限りません。読む人には小説を読む以外にも、詩、歴史書、ルポルタージュ、統計資料、その他さまざまの読むべきもの、さらにさらにテレビ番組、映画、音楽、旅、外食、テレビゲーム、インターネット、囲碁将棋、アウトドア、スポーツ、もう無数のライバルがいます。それらのどれに読む人が余暇を充てるかは自由です。あなたの作品は、見たい映画を後回しにしてでも読ませる力をもっていますか? あなたの作品は、行きたいコンサートを我慢してまで読ませる力をもっていますか? くどいほど言うけれど読む人の時間は限られています、その限られた時間のやりくりのなかであなたの作品を手に取るのです。

小説を書く人へ。

たくさんのライバルで満たされた小説宇宙に、どんなライバルたちで犇いているのか知らず丸腰で飛び込んでいくのは自殺行為です。自分が死んでいることもしらずに小説もどきを書き続けるあなたに言ってやりたい、「おまえはもう死んでいる」。あなたがしたり顔で到達した惑星にはすでに、100年前に到達した書く人の旗が立っています。もし苦労して到達した世界が既知の惑星だったならそんなやりきれないことはないでしょう。ライバルたちを知ってください。どんな星が、どれくらいの輝度で、どのあたりに輝いているのかを知るために、日々、自分の天体地図を更新していってください。更新されない地図にたよって小説宇宙を泳ぐ「ベテラン」作家たちの宇宙船はもう燃料不足状態です。そんなものお手本にする価値はありません。お手軽にツアー旅行できる距離の星へ宇宙船を定期運航する仕事は、他の作家に任せてあげてください。あなたにしか到達できない星を目指すには、小説宇宙の詳細で最新の航海図が必要なはずです。どうか航海図を圧倒的な勢いで更新し続けてください。

小説を書く人へ。

どうか、新しい小説を書いてください。あなたの、渾身の力をこめた新しい小説を待っている読む人は絶対にいます。発表してすぐはいないかもしれません。けれどあなたの小説が真に新しいならば、5年後10年後20年後もしかすると100年後の読者に確実に届くはずです。あるいは日本語以外のことばのなかであなたの作品を待ち続けている読む人もきっといます。だから、どうか、既存の作品や時代に媚を売ってすり寄るのではなくて、あなたの身辺雑記でもなくて、あなたの社会生活の単なる不満や性欲のはけ口でもなくて、あなた以外の誰もまだ到達したことのない世界を、ぜひあなたのことばで読む人に見せつけてください。僕はもう、文芸誌のすべての作品に目配りする余裕はありませんが、それでも小説は読み続けます。文芸誌の目次に数少ないながら忘れ得ぬ書き手の名前を見つければ無条件でレジに走ります。新規に刊行される作品に読むべきものがなければ既刊の忘れ得ぬ小説のページを時間の許す限り何度でも繰ります。いつまでも、読む人たちは新しい小説の登場を待っています。


小説を読む人より。
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

読む人さんのおかげで面白い小説を色々知ることができました。

食わず嫌いな私は、現代の小説を読むことほとんどありませんでした。好きな小説を読み返すタイプなのですが、それがことごとく近代小説?なんです。というより、夏目漱石のみ(笑)開拓もカラマーゾフや人間失格など少し古めのものに限られ、世間で話題になるものや友人から薦められる新しめのものを読んでも、どうしても夏目漱石に舞い戻ってしまうというかなりの偏食家でした。

ある時ここを見つけて、読む人さんの小説に対する洞察力とその正確さに驚き、面白いと言うなら読んでみようという気になって、ボラード病や本格小説、その他諸々に手を付け始めました……面白かった(笑)

文芸雑誌を買う基準にもなりましたし、新たな領域に踏み込めるようにもなったのですが、何より読む人さんの批評のおかげで、小説の読み方あるいは味わい方のようなものを教わったような気がしています。

食わず嫌いは治る気もしないですし治す気もありませんが、少しだけ肥えた舌でこれから色々読んでいこうと思っております。まだ読む人さんおすすめのものを全部読んでいないですしね。

またいつか更新の日が来ることを期待しております。

ありがとうございました

幅広く丁寧な書評はとても勉強になると共に同好の士として励まされる思いがしたものです。短い間ではありましたがこのブログに出会えてとても幸いでした。心に文学を携えてお互い会社員として励みましょう。ご健闘をお祈りいたします。ありがとうございました。

いろいろな小説

読む人さんはじめまして。

純文学関係の感想を多く書いていらっしゃるようで大変興味深く感じています。これから色々と参考にさせて頂きたいと思っています。

「新しい小説を読みたい」という話はよく目にします。たいていの分野ではそうした需要があるようですね。

以前に評論家の福田和也さんの現代文芸に関する公開授業を拝見したのですが、その際の切り口は「社会の表層メディアとしての小説」でした。

その時代のその場所を表現する媒体として個々の小説を捉えて紹介していました。毎回一つの小説を取り上げて、その小説が成立するまでのその国の歴史的経緯や社会構造の話をして、そこから作品の中身の解説をしていました。

前口上の歴史解説は面白いものの、肝心な小説の解説は面白みにかけるものがあるように思いました。もちろんそういう見方だけをしている訳ではないのでしょうけれど、福田和也さんはずいぶんつまらい小説をの読み方をするのだなと感じました。

しかしつまらないとはいえ、社会の表層メディアとしての側面というのも小説の一つの立派な尺度でありえると思います。

私はどちらかと言えば、作者が自分のために「新しい小説」を書くことに意識を取られすぎて、一人よがりの内に始まって一人よがりのうちに終わるような小説はあまり好みません。趣向としてちょっと面白いなとは思いますが、その作家の二作目以降は二度と読む気が起こりません。

というのは、私の読み方というのは、小説を読みながら作者像を仮構して、その架空の作者と濃密な対話をしていくような、小説の読み方をしているのです。そこで自分の作品が読者の人生とどうリンクするのか、どのような可能性を持たせたいのかといった考えがそもそも存在しないような作品を読むと、悪い意味で「文芸」だなと感じます。

そういう作品は文学の世界とはまた切り分けて、別に文芸の世界というようなものでも作って、そちらでやってくれたほうが良いようにも思います。同じ真面目な小説でも、根本的な方向性が違うもののように思います。とはいえ、中には文芸的かつ文学的な小説もあるのでややこしいところです。

それで「新しい小説」が書かれるのは、一応、芸術として大事なことですが、もっと本質的に大事なことは「良い小説」が追求されることではないかと思います。「良い小説」ではないのに「新しい小説」というのは、(難易度の高さにかかわりなく)私としては小説として最も歪な在り方のように思います。

「新しい小説」を求めるかたは本来的な意味で小説を必要としない読者ではないでしょうか?要するに小説が趣味的なものであったり、(文芸評論家のような)職業であったりするために、自分の必要以上に多くの小説を読んでいて、似たような作品に飽々しているのではないでしょうか?

しかし小説というのは本来的にそのような趣味的な、あるいは商売的な、都合に奉仕するためのものなのかという問題については、考えてみても良いかもしれません。小説にはもっとシリアスで、重要な役割というものも考えられるかもしれません。

そのようなことも感じました。個人的にはいろいろな純文学作品が書かれてほしいものです。

がんばるっ!!

No title

あなたが書く小説を読んでみたい。

はじめまして
今回文學界に掲載された又吉さんの作品についてどのようなレビューをされているのかふと思い、久しぶりにアクセスしたところ、だいぶ前に更新をやめていたそうでとても残念です。
実は私の叔父は小説家なのですが、以前、読む人さんのブログで叔父の作品を数篇紹介して頂きました。作品を読んで頂けるというだけでなく、その素晴らしいレビューに叔父も小説家として喜んでおりました。
今回の文學界の増刷に便乗して、叔父の作品ももっと世に出るようなことがあれば良かったのですが、残念ながらなかなか掲載してもらえないようです。
これを機に、本を読む人が増えることを祈ってます。

No title

的外れな批判を連発する自分に酔いすぎ
まさしく今の日本の中堅世代
現代の癌
プロフィール

読む人

Author:読む人
小説の感想を、自分基準で。コメントはご自由にどうぞ。

★☆☆☆☆(面白くない)
~★★★★★(面白い)で評価。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。