スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柴崎友香「わたしがいなかった街で」

出典:『新潮』2012年4月号
評価:★★★☆☆

大阪と東京を舞台にした2010年の物語。分量は350枚とそこそこ。離婚して一年たつ平尾という女性を中心に、彼女の友人とその家族と交流しする日常、考えたことを淡々と描いています。時折はさまれる大東亜戦争時の日記、世界の紛争地域や戦争地域のドキュメンタリー映像、広島の記憶、大阪空襲の爪痕、を通して20世紀の破壊を何度も想起させながら、それでも今日何事もなかったかのように粛々と淡々と生活する人々の日常を対比させて描く、さりげなさを演出する手腕が光りました。

「戦争」というと常識的に考えれば大きな素材。それだけに直接にしろ間接にしろ戦争を扱うとなると、戦争を体験した人々に乱暴に感情移入してみせたり、あるいは「平和な今日をあらためてありがたく思う」というような紋切型に落しこんだり、イズムに安易に絡めとられたり、いずれにしろこういう態度は、これみよがしで嘘くささやわざとらしさがつきまとう気がします(安易に「反戦」小説などと括られてしまう小説の何と多いことか)。

本作にはそういう作り物臭ぷんぷんの大仰な身振りが感じられず、周囲からは若干浮いた存在である平尾さんの態度には、現代に生きる一個人に過ぎない僕にも一定の説得力で迫ってくるように思えました。

戦争ドキュメンタリーばかりを執拗に見る平尾さん(自分の部屋にいるときこれしかしてないんちゃうかってぐらい)の姿には、一種「喪の儀礼」めいたものを感じました。自分個人の力では当然戦争を未然に防ぐことも止めることもできなかったし現在もできないけれども、それでもそれを忘れないように(といってもロマンティックな意味づけなどせず淡々と)日々繰り返し映像や日記を通して触れ続ける。ありえたかもしれない世界や、生きていたかもしれない人々といまここに奇跡的に生活する自分との「折合い」を何とかつけようとする身振りです。

また、日常会話の運び方がうまいですね。生き生きしている、地に足がついている、生きた人間の会話だなあと、いちいち舌を巻きました。さりげない描写ももちろんうまいんですが、大阪弁を使った平尾さんと中井くんとのやりとりなんかは読むたびに心地よさを感じました。

取り立てて見せ場を作るとか、わざとらしく主張をはめこむということをしていないので、「この作品のどこがすごいんだ!」ときかれると即答しかねますが、しかし、どこをとってもなかなかの完成度だと思います。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

読む人

Author:読む人
小説の感想を、自分基準で。コメントはご自由にどうぞ。

★☆☆☆☆(面白くない)
~★★★★★(面白い)で評価。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。