スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小野正嗣「獅子渡り鼻」

出典:『群像』2012年9月号
評価:★★★★☆

海辺の田舎町で母と離れて過ごす小4の少年、尊のひと夏の話。過去と現在とが行き来する、というよりシームレスに相互浸透して、語られます。視点人物は小4の尊に基本的に設定されているので、小野正嗣節といってもいいかもしれない「○○だった。いや、○○でなかった」という描写の揺れや、一見意味ありげなものが、まったく意味なかったわき道にそれる書き方も、この作品ではうまくはまっているように思います。子供のころって、大人からみれば取るに足りないものに心奪われたりしますもんね。例えば当地の飛行場に降り立つ尊の場面。

ところが、飛行機から降りて手荷物を取ってから到着ゲートを出て、その人を見たとき、知っていると尊は思った。ガラス張りになったロビーの壁面沿いに並べられたベンチにその人は座っていた。やせた貧相な体つきだった。座っているからわからないが、おそらく立っても背は小さい、それもかなり小さいほうだ。尊と変わらないかもしれない。何よりも特徴的なのはその顔だった。子供なのか老人なのか、どちらでもあり、どちらでもない、未成熟と老衰がその中間を奪い合いながら混じり合う、そんな不可思議な顔をしていた。だから年齢がまったくわからなかった。だが、性別に関しては一目で男だとわかった。その人が目に入ったとき、男のほうが自分を見ているのか見ていないのかは定かではなかったけれど、知っていると尊は確信した。一瞬、どうしてなのか開路間町のスーパーで親切にしてもらった老婆を思い出した。でもあの人はおばあちゃんだった。この男であるはずがなかった。
「ここ!ここじゃーが! ひいちゃん!」
 ミツコが手を振りながら声を上げた。しかしミツコが声をかけたのは、その男ではなかった。(p.24)

ふらふらと視点定まらない感じも子供らしいといえばいえるし、いかにも意味ありげに男の描写をしておきながら、その男は全然関係ない人だったという(笑)。ただ、数度であればこういう思わせぶりな書き方も面白く読めるんだけれど、もう徹底してこのような書き方なので、いかにも思わせぶりな書き方、しかもそこには意味がなかった、という梯子を外されるような書き方ばかりだと途中で「これはつきあいきれない」と脱落する読み手もいそうだなとお節介ながら想像します。お年寄りの読み手とか、小野正嗣のことを知らずこの作品をたまたま手にとってみた読み手だとか。

「ミツコ姉」と尊は言った。いや、言わなかったのだろうか。(p.78)

こんな書き方されると、「知らんがな」といって突き放したくなります。

とはいえ、非常に力のある書き手であることは間違いなく、夏の田舎で過ごす少年という、なんともあまったるい、読者に媚びたような話に終始してしまわないのは、尊の境遇をけっこうしんどいものとして描いているから。母子家庭でネグレクトされているらしく、しかも母親は愛人の男を家に連れ込んでセックスするし、兄もなにか障害をもっているような感じ(兄が具体的にどんな状態かも、視点人物=尊のためはっきりとは描写されません。尊が兄のことを直視しようとしいないととれるのかなあ)。そんな尊だからこそ、母のもとをはなれ田舎にきているわけです。

さらに具体的な事物(蟻、兄弟、イルカなどなど)を共通項にして過去と現在とかくるくると入れ替わる描写には痺れました。こういった時間の描き方、それに目に見えないものの描き方も特筆すべきものがあります。

洗ったばかりでまだ重いはずなのに、日の光を浴びてすでに乾いたかのように、やわらかに膨らんだりへこんだりしているシーツの波間に、よーいよい、よーいよい、という母の愛おしさに満ちた優しい声がたゆたい、次第に、んあー、んあーという声が、風にたなびく煙のように、だんだん弱く、だんだん間遠になっていった。息を強く吸い込んだとき鼻から胸に流れ込んでくる草と葉の匂いとともに、こみ上げてくる笑いでくすぐられて揺れる体のなかを満たしているのは、もう小さな赤ん坊の無力さではなかった。よーいよい、よーいよい。(p.74)

光、風、声、匂い、笑い。どれも視覚以外のもの。小説の無自覚な書き手だと視覚偏重になってしまいますが、こういう形なきもの、目に見えないものの描き方は、非常にうまかったです。また抽象的なテーマとして「母性」もクローズアップできそうです。母子関係にとどまらず、海や「大きなもの」も何度も描かれていますし。

ストーリーだけとりだすととるに足らないような小説に見えますが、油断できない仕掛けがそこここの細部に仕掛けられていて、注意して読んでいけば気づくことがたくさんある作品でした。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

読む人

Author:読む人
小説の感想を、自分基準で。コメントはご自由にどうぞ。

★☆☆☆☆(面白くない)
~★★★★★(面白い)で評価。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。